/

この記事は会員限定です

藤原彰子 朧谷寿著

政界に君臨した「国母」の実像

[有料会員限定]

昔の人は早死にだというイメージがある人は、藤原道長の子供たちの没年を知ったら驚くだろう。

彰子は数えで87歳(以下、年齢は数え)。同母弟の頼通と教通はそれぞれ83歳と80歳。父の道長の没年が62歳であるのに対し、母の源倫子は90歳なので、彼らの長寿は母親譲りかもしれない。

中でも彰子は一条天皇の中宮となり、彼女の生んだ2人の皇子が即位したため、父道長をはじめとする一族の栄華を決定づけた。平安中期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン