/

この記事は会員限定です

正方形礼賛(6) ジャスパー・ジョーンズ「標的」

キュレーター 河内タカ

[有料会員限定]

アメリカの国旗や地図を描いた画家として知られるジャスパー・ジョーンズによる正方形絵画として有名なのが本作品だ。

赤く塗った正方形の真ん中に3つの青いサークルと2つの黄色のサークルだけ、という極めてシンプルな画面だが、このような2次元的な図柄をそのまま変えずに正方形に描いたのは、「人は正方形に対して直感的に美しいと感じる」と思っていたからではないだろうか。さらに言えば、本来の標的という記号から離れて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り302文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン