2019年3月21日(木)

マイゴルフ

フォローする

アドレス ショットを決める下準備
青木瀬令奈(6)

2018/8/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

アマチュアの方を見ていると、一般的によく言われるように、アドレスで右を向いているケースが多い。ほとんどの場合、体は右を向いて肩が左に開いている形だ。体全体は右に向いているのに、上半身は打球方向を意識してか左を向いているのでクラブはアウトサイドインの軌道になりやすく、右方向に球が大きく曲がってしまうスライサーが多くなる。

自然に体を真っすぐ正面に向けていれば、必然的に肩も真っすぐになる。左右の両肩…

ゴルフコラム

スコアアップヘ

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする

 若い頃はスイングの弧を大きくするため、バックスイングで肩を深く回していた。年とともに硬くなった体に負担の少ない現在のスイングはコンパクトになっているが、効率よくクラブを上げて力をためるトップオブスイ …続き (3/14)

 体を正面から見て、時計盤の8時と4時の間のスイング、手元の高さが右腰から左腰へのスイングを通じて、スイングの土台をつくるところから「40(代半ば)の手習い」、ドライバーショットのスイング改造は始まっ …続き (3/7)

脇を締め上段からクラブを下ろして構えるのは剣道のメンの要領

 一言でいえば、若い頃のスイングはスイングアーク(弧)を大きくして飛ばそう、と考えていた。それが自然とオーバースイング気味になり、首と背中に負担をかけていた。スイングプレーン(面)に早く乗せるスイング …続き (3/1)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]