2018年12月15日(土)

マイゴルフ

フォローする

アドレス ショットを決める下準備
青木瀬令奈(6)

2018/8/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

アマチュアの方を見ていると、一般的によく言われるように、アドレスで右を向いているケースが多い。ほとんどの場合、体は右を向いて肩が左に開いている形だ。体全体は右に向いているのに、上半身は打球方向を意識してか左を向いているのでクラブはアウトサイドインの軌道になりやすく、右方向に球が大きく曲がってしまうスライサーが多くなる。

自然に体を真っすぐ正面に向けていれば、必然的に肩も真っすぐになる。左右の両肩…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフコラム

スコアアップヘ

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
同じ番手でも、打ち方を変えて距離に幅を持たせる

 ウッド系はスプーン(3番ウッド)と18度、21度(あるいは20度)のハイブリッドを入れている。飛距離はそれぞれ250~270ヤード、220~240ヤード、200~220ヤード。ハーフスイングで打った …続き (12/14)

 今季の平均飛距離は284.31ヤード。前年のランク56位から45位に上がったが、最近は数字以上に伸びていると思う。瞬発系のトレーニングの成果だろう。ツアーでは若手を中心に飛ばし屋が増えている。置いて …続き (12/6)

練習では力を入れずにスイングする

 スイングで僕はインパクトを重視している。体の正面で球をとらえるイメージが大事。前傾角度を変えず、肩や胸が正面を向いた状態で、腰・下半身はしっかり回っているほうがより強い球を打てるし、飛距離にもつなが …続き (11/30)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]