2018年10月16日(火)

マイゴルフ

フォローする

アドレス ショットを決める下準備
青木瀬令奈(6)

2018/8/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

アマチュアの方を見ていると、一般的によく言われるように、アドレスで右を向いているケースが多い。ほとんどの場合、体は右を向いて肩が左に開いている形だ。体全体は右に向いているのに、上半身は打球方向を意識してか左を向いているのでクラブはアウトサイドインの軌道になりやすく、右方向に球が大きく曲がってしまうスライサーが多くなる。

自然に体を真っすぐ正面に向けていれば、必然的に肩も真っすぐになる。左右の両肩…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフコラム

スコアアップヘ

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
応援をくれるファンも私のチーム

 昨年ツアー初勝利を挙げ、25歳となって今季を迎えるにあたり、大西翔太コーチからある記事のコピーを渡された。二刀流の大リーガー、大谷翔平選手が高校時代に書いたという目標達成シートの記事だった。
 正方形 …続き (10/12)

コースメモの情報がすべてではない

 ゴルフのスイングでよくいわれる「脇を締めて」。これを右肘が体にくっついている状態と勘違いする人がいるかもしれない。バックスイングで脇を締めるというのは、右肘が地面の方向を向いたままの状態をキープする …続き (10/5)

パットの瞬間が最も腹筋を意識する

 独学で身につけた自分のゴルフへの固定観念は強いタイプだった。それが2015年からの大西翔太コーチとの取り組みで覆された。客観的な数値データを交え、自分に合ったクラブを選び、全体最適なスイングを探って …続き (9/28)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]