2018年9月21日(金)

資本主義の未来(3) 不平等・格差是正が大前提
吉川洋 立正大学教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2018/8/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○戦後の所得平等化で消費が成長をけん引
○技術の変化だけで格差拡大を説明できず
○格差拡大回避の面でも社会保障の役割大

 近代資本主義が英国で産声をあげてから250年余り、「先進国」と呼ばれる国々では人類が経験したことのない経済成長が生じた。それは一方で膨大な資源・エネルギーの消費を通し、地球温暖化などの問題を生み出した。しかし他方では、1人当たりの所得上昇と並行して、平均寿命の著しい延びをもた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報