/

この記事は会員限定です

安斎隆(8)松江支店

お札数えにうんざり 悩んだあげく局長に直訴状

[有料会員限定]

日銀に入行して半年後、島根県・松江支店の勤務となった。日銀に入ったのは、天下国家のためになる仕事ができると期待したからだが、予想は大きく外れた。

松江支店の職員は約80人で、大卒の新人は1人だけだ。支店内での配属先は発券課で、お札と硬貨の鑑査が主な仕事だ。支店に配属される前、経理局長の下田謙治さん(後に積水化学工業社長)は「君らにはお札を数えるような仕事はさせないから」と語っていたのに、割り当てられたのは、まさに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン