/

この記事は会員限定です

老いる患者、医療どう変わる(複眼)

武田俊彦氏/荒井正吾氏/武久洋三氏/野口晴子氏

[有料会員限定]

先の国会で改正医療法・医師法が成立した。医療の地域間の偏りを是正し、都道府県ごとに病院や医師の配置見直しを促す狙いだ。高齢化と人口減で医療のニーズは変わり、医療機関側の対応が急がれる。ただ、総論賛成でも自治体間や病院間の調整はなかなか進まない。厳しい財政の下、医療のミスマッチを解消し、効率化させる道は。

◇  ◇

数量調整から役割分担へ 前厚生労働省医政局長 武田俊彦氏

今回の法改正は医療提供体制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3849文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン