/

この記事は会員限定です

安斎隆(2)「和紙」の舞台

生後、肺炎で九死に一生 小説同様 家族で過酷な作業

[有料会員限定]

「これは長く持たないね」。生後まもなく肺炎にかかり、ゼイゼイと息をする赤子の私を見て、出産祝いに来た伯母は思わずつぶやいた。その言葉を耳にした母・ハルは悔しくてたまらず、数日間、必死で看病した。寝床を油紙で覆い、しちりんで沸騰させた鉄瓶の湯気を回して乾燥を防いだ。医者にもさじを投げられた私は回復し、九死に一生を得る。

以来、健康に暮らしているのだが、母から何度となくこの話を聞かされてきたためか、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1111文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン