/

この記事は会員限定です

超大国米中と日本(上) 先端技術巡る覇権競争 映す

河合正弘 東京大学特任教授

[有料会員限定]
ポイント
○トランプ政権は中国のハイテク覇権警戒
○貿易・投資・金融通じ米中の相互依存深く
○日本は米欧中とともにWTO改革主導を

「米国第一主義」を掲げる米トランプ政権の通商政策は戦後の経済成長を支えてきた自由・多角・開放的な国際貿易システムを大きく動揺させている。トランプ大統領は世界貿易機関(WTO)を中心とする多国間の枠組みでなく、2国間交渉を通じて「公正」かつ「互恵的」な貿易を行うことで貿易赤字を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン