2018年11月16日(金)

世界経済つなぐASEAN ギナンジャール・カルタサスミタ氏
元インドネシア経済・金融・産業担当調整相

グローバルオピニオン
2018/7/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

世界経済は不安定さを増している。最大の要因は言うまでもなくトランプ米政権だ。(大型減税などの「米国第一主義」は)投資を呼び込み、失業率を下げ、短期的には米経済を好転させたようにみえる。だがドル高が進み、東南アジア諸国連合(ASEAN)を含む新興国は自国通貨の下落傾向が強まっている。米連邦準備理事会(FRB)の独歩的な利上げも拍車をかける。深刻な問題だ。

通貨安で輸入物価は上がり、ドル建て債務も膨…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報