/

この記事は会員限定です

スペイン 描かれた音楽(8) ピカソ「バレエ『三角帽子』のための緞帳」(部分)

国立西洋美術館主任研究員 川瀬佑介

[有料会員限定]

パブロ・ピカソは、1910年代後半から数年間、ディアギレフ率いるバレエ・リュスのために舞台美術を手掛けた。スペインの小説家アラルコンの小説に基づくバレエ《三角帽子》は、ファリャが作曲してピカソが舞台美術を手掛け、19年にロンドンで初演された。民族色豊かな踊りを取り入れた、スペイン国民楽派音楽の傑作である。

本作は初演の際に作られた緞帳(どんちょう)で、布地にテンペラ技法で直接描かれている。ピカソは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン