/

この記事は会員限定です

河井寛次郎展・濱田庄司展

陶芸界の巨匠 際立つ個性

[有料会員限定]

大正末期から昭和の陶芸界に大きな足跡を残した大陶芸家の回顧展が、東京都内で相次いで開かれている。

河井寛次郎(1890~1966年)の作品からまず感じるのは、多彩な釉薬(ゆうやく)の輝くような美しさである。河井の後を追って京都市陶磁器試験場で研さんを積み、民芸運動の柳宗悦からともに大きな影響を受けた濱田庄司(1894~1978年)と比べるとき、その陶芸の華やかな個性は、よりくっきりと感じとることが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン