/

この記事は会員限定です

特許紛争、早期の解決を ランドール・レーダー氏

元米連邦巡回区控訴裁判所長官

[有料会員限定]

2014年に辞任するまでの24年間、米国で知的財産訴訟の二審を扱う唯一の裁判所の判事を務めた。特に特許訴訟は、先端技術の覇権を争うグローバル企業が激しくぶつかり合う分野だ。

最近目立ったのは、7年以上続いた係争に6月下旬ようやく終止符を打った、米アップルと韓国サムスン電子のスマートフォン(スマホ)特許をめぐる争いだ。米国を中心に10カ国以上で泥沼の訴訟合戦を繰り広げた両者が、支払った費用と労力は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1720文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン