/

この記事は会員限定です

温暖化「パリ協定」の課題 「吸収」依存のシナリオ限界

茅陽一 東京大学名誉教授/山口光恒 地球環境産業技術研究機構参与

[有料会員限定]
ポイント
○各国作成の自主目標の実効性に疑問の声
○マイナス排出の新技術は実現に課題多く
○各部門でゼロ排出の技術積み上げが有効

2015年12月のパリでの国連気候変動枠組み条約締約国会議で、地球温暖化防止の新たな枠組み「パリ協定」が採択された。工業化以降の世界全体の平均気温の上昇をセ氏2度を十分下回る水準にとどめること(2度目標)や、21世紀後半に人為的な温暖化ガスの排出と森林などの吸収(マイナス排出)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2741文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン