/

この記事は会員限定です

漁師の風習 深い精神世界

伝承守り豊漁願う 港町で耳を傾け見えた姿 川島秀一

[有料会員限定]

全国の漁協や魚市場を訪れると使い古されたソファや椅子をよく目にする。現役を退いた漁師が座り、海を懐かしそうに眺めながら語らっている。私は彼らの話に耳を傾け、魅力ある漁師を追い続けてきた。

漁師と言えばマグロ一本釣りのような「勇敢に海に立ち向かう」あるいは「最新の探知機を駆使して魚を一網打尽にする」姿を思い浮かべるかもしれない。だが私が見聞きしてきたのは「謙虚に自然と向き合い、風習や伝承を大事にする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1500文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン