2018年11月20日(火)

軒先の涼 釣りしのぶ
江戸に広まった夏の風物詩 自ら山でコケなど採り作る 深野晃正

カバーストーリー
2018/7/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

暑い夏、人々が一服の涼を求めて家の軒先につるすのが釣りしのぶだ。竹などを芯材にして山コケを巻き付け、さらにシダの一種であるシノブを束ねて、様々な形にする。江戸の庭師が道楽で手掛けたものが庶民の間で広まったとされ、浮世絵にも描かれている。かつては夏の風物詩だったが、東京都内で作るのは私一人になってしまった。

私が東京都江戸川区で営む工房「萬園(よろずえん)」は1935年に親父が創業した。かつては年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報