2018年11月16日(金)

マヤ探検記(上・下) ウィリアム・カールセン著 「考古学の始祖」の足跡たどる

批評
2018/7/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

マヤ文明は4世紀から10世紀まで中央アメリカのユカタン半島で栄え、16世紀にスペインがやってきた頃には既に衰微していた。石で精巧なピラミッドを作り、マヤ文字も彫刻し、天体観測や暦を作るほどの高度な文明だったが、移民によるものと信じられていた。

本書は19世紀に元弁護士と建築家の2人が密林で廃墟(はいきょ)となった遺跡を発見し、丹念に記録にまとめることで、歴史の定説を覆し、現地人による文明だと明ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報