/

この記事は会員限定です

中国企業の革新力(上) 市民ニーズ 民主導で対処

丸川知雄 東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○外国技術導入から独自能力の向上に転換
○政府主導の技術革新は利便性が二の次に
○安価なQRコードでキャッシュレス実現

つい十数年前まで中国にとっての技術進歩の主な手段は外国技術の導入だった。国内市場を開放することで外国企業を誘致し、中国の工場で最新技術を使った製品を作ってもらうことを通じて技術を習得していくというのが中国の技術発展の戦略であった。

この戦略は非常に大きな成果を挙げた。中国は「世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2808文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン