/

この記事は会員限定です

中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に

白井さゆり 慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○一般向け、スウェーデン・リトアニア先行
○カナダ・シンガポール、金融機関向け実験
日銀は金融庁や民間企業との連携深めよ

経済活動には、効率的で便利な通貨の仕組みが欠かせない。個人・企業など一般向け通貨には、中央銀行が主に発行する紙幣・硬貨など「現金」と民間が発行する「銀行預金」などがある。中銀が発行する通貨には現金のほか、金融機関向けに発行される「中銀当座預金」がある。民間の決済手段はスマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2824文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン