/

この記事は会員限定です

機織り娘 そろばんの舞い

久留米絣の生産地 従事した少女らの歌・踊り伝承 今泉由美子

[有料会員限定]

「あたしゃ久留米の機織り娘よ 化粧ほんのり花ならつぼみよ」

久留米絣(かすり)の生産が盛んだった明治時代、機織りの少女らの労働歌として生まれ、全国から買い付けに来た商人たちが楽しんだという「久留米そろばん踊り」。そろばんを鳴らして機織りの音になぞらえる振りが特徴だ。

♪ … ♪

筑後方言で色恋つづる

「村の若い衆が来て遊ばんの遊ばんのといいますもんの 一緒に遊ぶとはよかですばってん 日ばたがいっちょ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1549文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン