/

この記事は会員限定です

中村吉右衛門(2)誕生

祖父の養子になる宿命 歌舞伎に危機迫るなか

[有料会員限定]

私は生まれたときから母方の祖父、初代吉右衛門の養子になることを宿命づけられていました。「お前が播磨屋の跡継ぎなんだよ」と言い聞かされて育ち、それが私のつとめになりました。

初代には跡取りの男子がいませんでした。ひとり娘を女の子らしく育てず「坊や、坊や」と呼んでいたといいます。大人の女性になる印があったときも、普通なら赤飯を炊いて祝うのに「うそだ」と怒ったとか。

その娘が結婚しようとした相手が、初代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン