/

この記事は会員限定です

止まらぬ銀行の収益力低下 過度な預金流入の抑制を

小野有人 中央大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○貸出残高増加も利ざや低下に追いつかず
○銀行のエクイティ性資金供給は検討に値
○バランスシートの柔軟な調整の可否カギ

日本の銀行(預金取扱金融機関)、とりわけ国内で主に業務を営む地域金融機関の収益力低下が止まらない。金融庁「平成28事務年度金融レポート」は、2017年3月期時点で過半数の地域銀行の本業収益が赤字だったと警鐘を鳴らしている。本稿では主に地域金融機関を念頭に置き、銀行の収益力が低下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2667文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン