/

この記事は会員限定です

アルゼンチン、衝撃収まるか マルティン・グスマン氏/ジョセフ・スティグリッツ氏

ブエノスアイレス大准教授/米コロンビア大教授

[有料会員限定]

アルゼンチンの通貨ペソの相場が、5月ごろから急落した。2015年12月の政権交代でマクリ大統領が就任して以来、政府の始めた政策によりアルゼンチン経済の脆弱さは高まっていた。経済がいつ試されるかは明確でなかったが、試練に直面した政府は対応しきれなかった。

マクリ政権は発足以降、財政の強化と、年率20%を超えていた物価上昇率の引き下げというマクロ経済政策をとった。物価上昇率については、19年に年率1桁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1671文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン