/

この記事は会員限定です

非正規待遇格差で最高裁判決 「同一賃金」への動き後押し

水町勇一郎 東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○均等・均衡待遇の実現ないと不法行為に
○有能人材確保目的の正社員優遇論採らず
○同一賃金指針案の記述に沿う内容が多い

6月1日、注目の最高裁判決が出た。物流大手「ハマキョウレックス」(浜松市)および運送会社「長沢運輸」(横浜市)を巡る訴訟の2判決である。新聞各紙では「一部手当不支給は違法」「定年再雇用の格差容認」「迫られる待遇改善」などの見出しが躍った。正規・非正規社員間の待遇格差を巡る日本初の最高裁判決であり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2763文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン