2018年11月17日(土)

甘~いアート 苦~い後味
砂糖など甘味材料で美術作品、戦争や事件・災害を表現 山本直樹

カバーストーリー
2018/6/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

砂糖にアメ、チョコレート。甘い材料を使って大きな美術作品を作っている。大概の作品は食べてもOK。あまーい口当たりを楽しめるが、テーマは苦いことが多い。現代世界に頻発する戦争や事件、災害を、強い甘味を通じて人々の記憶にとどめたいからだ。

◎ ◎ ◎

人の感覚に訴える

初めて甘味材料を使ったのは1994年。以前は抽象画を描いていた。「後世に残る作品を生み出す」と意気込み、100年劣化しない塗料や宇宙服…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報