/

この記事は会員限定です

父の子守唄 戦後も生きる

「赤城の子守唄」などを作曲、竹岡信幸の魂を伝える 竹岡知幸

[有料会員限定]

私の父である竹岡信幸(1907~85年)は、主に戦前・戦中期に活躍した作曲家だった。「赤城の子守唄」「支那(しな)の夜」(当時表記のまま)などのヒット作を残したものの、広く知られているとはいえない。父は私にも、作曲に関わる話をきちんとしてくれなかった。

しかし、改めて調べてみると、父の音楽は戦後も国内外で歌い継がれている。その足跡を後世にお伝えすることは、父と同じ音楽業界に身を投じた私に課せられた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン