2018年11月18日(日)

米利上げ新興国への影響 脆弱な経済、資金流出招く 武田真彦 一橋大学教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2018/6/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○FRBが政策運営で他国への影響意識も
○米の財政拡張・金融引き締め、ドル高招く
○市場は新興国の基礎的条件に基づき選別

現在米国経済は順調に成長しており、それに伴って金融政策の「正常化」が進行している。米金融政策は国際的な資本フローに影響を与えるため、他の国も無関心ではいられない。2013年5月のいわゆる「テイパー・タントラム(かんしゃく)」はその好例だ。このときは当時のバーナンキ米連邦準備…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報