2019年7月23日(火)

響き合うことばと絵(5) 「花白河蒔絵硯箱」
武蔵野美術大学教授 玉蟲敏子

2018/6/14 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

上端の切られた老木に咲く桜花はちらちらと散り始め、長烏帽子(ながえぼし)に狩衣姿の公達が、扇を手にして落花を惜しむように、木の下にたたずんでいる。幹から根元の岩にかけて、暗示的に配されているのは「花」「白河」の3文字。

ことばと絵の交じり合う意匠は、鎌倉から室町時代の蒔絵(まきえ)の手箱や硯箱(すずりばこ)など、漆工芸の分野にも見られる。室町幕府の八代将軍足利義政好みの伝承をもつ硯箱が数点残って…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。