/

この記事は会員限定です

「岡本神草の時代展」

完成作 生みだす苦しみ

[有料会員限定]

完成作の裏には、累々たる試行錯誤の蓄積がある。千葉市美術館で開催中の「岡本神草(しんそう)の時代展」からは、この「生みの苦しみ」の跡が、まざまざと見えてきた。

明治27年(1894年)に神戸に生まれた岡本神草は、京都市立美術工芸学校(美工)から京都市立絵画専門学校(絵専)に進み、明治末期から大正期にかけての京都画壇で、才能を伸ばした。

当時、東西の日本画壇の動きはめまぐるしかった。ゴッホ、セザンヌ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り655文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン