出直し仮想通貨(4) 安全網はまだない

2018/7/5 10:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「死ぬかと思った」(東京都内の30代男性)。約580億円もの仮想通貨NEM(ネム)消失事件は投資家を震撼(しんかん)させた。最終的には流出元のコインチェック(東京・渋谷)が大部分を返済したが、「取引所」のセキュリティーを担保したり、分別管理を義務付けたりする業界全体の安全網の不在も浮き彫りになった。

「相場操縦や風説流布の規制がないなんてとんでもない」。仮想通貨を巡るセミナーで金融庁総括審議官の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]