2019年7月18日(木)

響き合うことばと絵(1) 「鳥毛篆書屏風」
武蔵野美術大学教授 玉蟲敏子

2018/6/5 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本美術の歴史において、絵画や工芸意匠と和歌や漢詩などをしるすことばの世界は相互に関わり、一千年近くの間、とうとうと流れる融合の領域を形成してきた。8世紀~19世紀前半までの代表的な作品を紹介しながら、ことばと絵とが響きを交わし合う視覚的な美の系譜をたどっていく。

初回は日本美術が国際色豊かに開花した奈良時代の屏風から。

キジや山鳥などの羽毛を貼り重ねて装飾する技法がある。聖武天皇遺愛の『鳥毛…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。