/

この記事は会員限定です

日台中で半導体「敗者復活戦」 まさかの事態で断念

仕事人秘録 元エルピーダメモリ社長、坂本幸雄氏(19)

[有料会員限定]

4480億円の負債を抱え、2012年2月に会社更生法の適用を申請したエルピーダメモリの当時の社長、坂本幸雄氏の「仕事人秘録」(初回「半導体に取りつかれた人生 『最悪の日』なぜ」参照)。エルピーダ社長を退任後、日本・台湾の技術力と中国の資金力を生かした新会社で半導体の逆襲を仕掛けるチャンスが訪れました。

 エルピーダを離れて2年半後に新会社「サイノキングテクノロジー」を設立した。

エルピーダ退職(前回...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1249文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン