/

この記事は会員限定です

阿刀田高(1)読書好き

幼い脳を誘った言葉遊び 人名・動物名…潜在意識に作用

[有料会員限定]

「読書はお好きですよね」

と中年婦人に尋ねられた。

「はい」

「どうしてお好きになりましたか」

「そうですね。ものごころのついたときから好きでした」

「うちの孫はきらいなんです。じゃあ、駄目ですね」

読書の好きな人は、たいてい幼いときから本が好きである。いくら読書のすばらしさを知って勧めようとしても「私は初めから好きでした」だけでは有効なヒントにはなりにくい。

――なぜ本が好きになったのか――

幼いころの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン