2018年12月11日(火)

人生100年時代に備える(中) 年金を高齢雇用促進型に
高山憲之 年金シニアプラン総合研究機構研究主幹

経済教室
コラム(経済・政治)
2018/5/31付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○受給開始年齢の引き上げが雇用継続促す
○基礎年金の拠出期間は70歳に延伸検討を
○在職に伴う年金減額制度は見直しが必要

時代は今、人生80年から人生100年へ変わろうとしている。人生100年時代には、健康に留意しつつ、技能アップを不断に図りながら就労期間を可能な限り長くすることが肝要で、その妨げとなる制度は見直す必要がある。本稿では主として年金との関連でいくつか問題を提起したい。

◇   ◇

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報