/

この記事は会員限定です

合理的でモダン 昭和住宅

建築家・藤井厚二の「聴竹居」 地域住民と保存・公開 松隈章

[有料会員限定]

大正から昭和の初め、京都府の大山崎に入手した1万2000坪(3万9669平方メートル)もの土地に4つの住宅を設計。高温多湿の日本における快適な住空間の実験を繰り返した建築家がいた。

広島県の造り酒屋の息子として生まれ、東京帝国大学(現東京大学)を卒業した藤井厚二(1888~1938年)だ。なんだ、金持ちのエリートの道楽かと思われるかもしれないが、そうではない。「実験住宅」としてすでに最初の自邸を設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1551文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン