昭和ノスタルジー解体 高野光平著 「つくられた」懐かしさを検証

2018/5/26 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「昔はスマホも携帯もなくてね。彼女に電話するとお父さんが出たりして。ネットもないから情報は足で集める。原稿も手書きで、なくされたこともあるし……」

などという思い出話をすると、若者たちは大抵引く。映画「ALWAYS三丁目の夕日」に感動し、「昭和大好き」と言いながら、生の回想にはちっとも興味を示さない。一体どういうつもりなのか。私は憤りすら覚えていたのだが、本書にたしなめられたような気がした。

い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]