海苔養殖の母 英国学者
戦後日本の食卓支えた功労者顕彰、後世に伝える 山本文市

2018/5/28 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

すしやおにぎりなどを日常的に食べる日本人にとって身近な食材である海苔(のり)。この海苔の養殖技術を導いたのが、英国の海藻学者であるキャサリン・メアリー・ドゥルー・ベイカー博士(1901~57年)だ。

◇ ◇ ◇

熊本で「ドゥルー祭」

ドゥルー博士は戦後日本の食卓を支えた陰の功労者にもかかわらず、国内ではほとんど知られていない。私は半世紀にわたり、海苔の産地である熊本で彼女の功績を伝える活動をしてき…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]