「坂本という人間にカネ出す」 インテル動かした交渉
仕事人秘録 元エルピーダメモリ社長、坂本幸雄氏(12)

コラム(ビジネス)
2018/5/23 1:30
情報元
日経産業新聞
保存
共有
その他

4480億円の負債を抱え、2012年2月に会社更生法の適用を申請したエルピーダメモリの当時の社長、坂本幸雄氏の「仕事人秘録」(初回「半導体に取りつかれた人生 『最悪の日』なぜ」参照)。開発と生産を一体運営する構想に、親会社トップは「必要なのはわかるがカネは出せない」。頼った相手はインテルでした。

 エルピーダメモリは当初、工場を持たない半導体メーカーだった。

生産はNEC広島に委託していました。し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]