/

この記事は会員限定です

東京は持続可能か(複眼)

野本弘文氏/野澤千絵氏/清水千弘氏/山崎孝明氏

[有料会員限定]

人口流入が続く東京都。職住近接や訪日客需要を受けて大規模マンションが次々建設され、高層オフィスやホテルの計画も相次ぐ。だが2020年の東京五輪後は需給が崩れ、不動産価格が下落するとの見方も。高齢化で空き家や老朽マンションの問題も抱える。東京は人口減時代も活力ある都市であり続けるか。

◇   ◇

街が競い魅力高める 東京急行電鉄会長 野本弘文氏

豊かな社会の実現には都市を長期の視点で開発して街の付加価値を高める必要がある。本当の需要に応じた開発は続け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3845文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン