/

この記事は会員限定です

大赤字エルピーダの再建託される 親会社の介入に閉口

仕事人秘録 元エルピーダメモリ社長、坂本幸雄氏(10)

[有料会員限定]

4480億円の負債を抱え、2012年2月に会社更生法の適用を申請したエルピーダメモリの当時の社長、坂本幸雄氏の「仕事人秘録」(初回「半導体に取りつかれた人生 『最悪の日』なぜ」参照)。テキサス・インスツルメンツ(TI)、神戸製鋼所、台湾の聯華電子(UMC)日本法人を経て、エルピーダの社長に就任します。

 UMCジャパンの再建(前回「台湾UMCの日本法人社長に 工場・営業部隊立て直す」参照)はスムーズに進んだ。「再建請負人」として、NECからエルピーダメモリ社長の要請が舞い込んだ。

実はUM...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1140文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン