/

この記事は会員限定です

「すみ凧」と清正公つなぐ糸

庄内地方伝統、絵柄のルーツ探り熊本まで奔走 鈴木隆

[有料会員限定]

庄内地方(山形県の日本海沿岸)に「すみ凧(だこ)」と呼ばれる江戸時代から伝わる凧がある。白地の和紙の上端の左右、または上端と下端の左右に唐草模様、中央に丸の赤印が描かれている。単純な絵柄である。にもかかわらず、由来には定説がない。ルーツを知りたいと独り調査を始めたのは1991年のことだった。

私の住む鶴岡市を含む庄内地方では、冬から春先の子供の遊びといえばスキーにこま回し、そして凧揚げだった。中で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン