2018年10月22日(月)

ラグビー

ルーマニアW杯出場取り消し 混乱生んだ「自己責任」
ラグビー

2018/5/17付
保存
共有
印刷
その他

ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会で日本と対戦する予定だった欧州代表ルーマニアの出場権が取り消され、ロシアが繰り上がることが発表された。

ラグビーの選手は、国籍を持たない国の代表チームでもプレーできる。その国に3年以上住むことなどが条件で、3カ国以上の資格を持つ選手も珍しくない。一方、ある国の代表や準代表(20歳以下代表など)、7人制代表として出場すると他国のジャージーを着られない縛りもある。複雑な状況の中、WRは代表資格の確認を各国のラグビー協会に委ねてきた。

ルーマニアがWR側に提出した説明に悲哀がにじむ。“容疑"は7人制のトンガ代表歴のある選手をW杯予選で起用したこと。事前に行った確認として、トンガ協会へのメールのほか、オンライン百科事典「ウィキペディア」や、テレビ局のウェブサイトも挙げた。

違反は計3カ国に連鎖。いずれもW杯への道を絶たれたが、これほどの厳罰ならWRがデータベースをつくり、管理すべきだったのでは。日本ラグビー協会も2016年、確認不足で資格のない選手を代表に呼んだから人ごとではない。

日本と開幕戦で当たることになったロシアはルーマニアより格下。初の8強進出を狙う日本はこの試合に勝ったうえで格上からの白星が必要で、星勘定に大きな影響はない。ただ、ルーマニアを応援するつもりのファンもいたはず。本番まで1年強となっての混乱は、盛り上がりに水を差しかねない。

(谷口誠)

保存
共有
印刷
その他

ラグビーW杯まで500日

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

記者会見するラグビー・ニュージーランド代表のテーラー(左)ら(22日午後、東京都港区)=共同

 ラグビー伝統の定期戦「ブレディスロー杯」(27日・日産スタジアム)で来日しているオーストラリア代表とニュージーランド(NZ)代表が22日、千葉県船橋市内と東京都内でそれぞれ取材に応じ、オーストラリア …続き (18:18)

日本代表-世界選抜戦は改修した花園ラグビー場で行われる(大阪府東大阪市)

 日本ラグビー協会は22日、日本代表が大阪・花園ラグビー場で26日に対戦する世界選抜に参加する最終メンバー25人を発表し、WTBネヘ・ミルナースカッダーらニュージーランド(NZ)代表の日本遠征メンバー …続き (12:52)

 日本ラグビー協会は21日、横浜・日産スタジアムで27日に行われるニュージーランド代表との伝統の定期戦「ブレディスロー杯」のために来日するオーストラリア代表のメンバーを発表し、フランカーのフーパー、日 …続き (10:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]