/

この記事は会員限定です

電力と政治(上・下) 上川龍之進著

構造的な閉鎖性の起源探る

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所の深刻な事故が、なぜ起こってしまったのか。この問いには、従来さまざまな答えが与えられてきた。

その多くはジャーナリストや科学技術の専門家によるものであり、事故が引き起こされたメカニズムや、政府・東電・現場などの対応について、比較的短い時間軸を設定して検討してきたように思われる。

本書はそれに対して、戦後日本の原子力政策をその起源にまでさかのぼり、長い時間軸の中に原発事故...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン