「米政権VS.メディア」の泥沼、世論分断深刻に

2018/5/3 2:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米国で政治とメディアの距離を巡る議論が高まっている。トランプ大統領が既存メディアとの全面対決を続ける半面、3月には地方テレビ局でトランプ政権寄りの放送を一斉に流す「言論統制」事件が発生した。党派性を強めてきた米国の政治報道。進歩的価値観を押しつけがちな既存メディアへの国民の不信感もあり、「トランプ氏対メディア」という単純な構図では片付けられない状況になっている。

「ワシントンDCより『ワシントン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]