2018年11月20日(火)

観光立国から見える課題(下) 新税の使途 高い透明性を
吉村政穂 一橋大学教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2018/5/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○観光振興や負の側面解消へ税が有力策に
○出国時に外国人のみの課税は条約上困難
○特定使途にひも付けた新税の多用に警戒

国連世界観光機関(UNWTO)によれば、2012年に初めて10億人を突破した国際的な観光客(外国人旅行者)数は、16年には前年比3.9%増の12億3500万人となり、30年までに18億人に達すると予想されている。経済成長を背景とした増加に加えて、デジタル化に促された節約型の個…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報