/

この記事は会員限定です

ナイトエコノミーの奥行き(複眼)

梅沢高明氏/伏谷博之氏/筒井淳也氏

[有料会員限定]

夜の時間帯に観劇、観光などのレジャーを楽しむ「ナイトタイムエコノミー」。増え続ける訪日外国人旅行者からは「日本では夜、楽しめるところが少ない」との声が聞かれる。新たな需要や文化創造が期待される半面、深夜労働への対応などがいる。「夜間経済」の潜在力と課題は。

文化がGDP押し上げ A.T.カーニー 日本法人会長 梅沢高明氏

学生時代にロックバンドの一員として音楽の世界に身を置いていたので、夜に文化や経済が活性化する場所があればいいと考えていた。音楽、演劇、ファッシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4034文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン