2019年8月22日(木)

田中一村 記憶の構図
写真を愛した奄美の日本画家の足跡訪ねる 田辺周一

2018/5/1 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「田中孝」の表札がかかる廃屋同然の小屋にはパンツが1枚、軒先に干してある。中に入ると短パン姿の年配男性が「よくきてくださいました」と笑顔で迎えてくれた。

田中孝こと一村(いっそん)(1908~77年)は栃木県生まれの異色の日本画家だ。東京、千葉で文人画などを描いた後、58年に奄美大島へ移住する。亜熱帯の動植物を画題とし、亡くなるまでこの地で独創的な絵を描いた。

◆ ◆ ◆

急逝する直前に出会う

私…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。