/

この記事は会員限定です

高田明(25)大学時代

英会話部 異文化を知る 大阪万博、外国人客に力試し

[有料会員限定]

大阪経済大学は阪急京都線上新庄駅が最寄りだった。最初は叔母の家から通学したが、数カ月後、学生寮に移った。3畳1間でトイレは共用、風呂はなくて銭湯に通った。

新入生勧誘のとき、名前を呼ばれたESS(英会話部)の部員たちが「イエッサー」と答えていく。「おー、すげー」と感動した。英語を話せるようになって外国に行こうと思い、すぐに入部した。部員が100人を超す大所帯で文系では学内の最大勢力だった。

私が入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

高田明

通信販売大手ジャパネットたかた創業者である高田明氏。長崎の片田舎の一介のカメラ店主から、わずか10年あまりで日本を代表する通販王国を一代で築き上げた。独特の甲高い声とぬくもりある九州弁でお茶の間の人気者になった高田氏のモットーは「今を生きる」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン