/

この記事は会員限定です

方言の境界「よーけ」の宝

東海地方の膨大な独自表現、長年調査し本に 神田卓朗

[有料会員限定]

よく知られるように、東西の方言を区別する「起きろ(東)・起きよ(西)」「買った・買(こ)うた」「行かない・行かん(ぬ)」などの境界線は、日本海側では新潟、長野と富山の各県境に集中している。東海地方では岐阜、長野、静岡各県にまたがる。

また東西アクセントの境界線は、三重県桑名市の揖斐川が境界線で、川より西側の同市が京阪式、東側が東京式に分かれる。東海地方は、東西の言葉の中間地帯という特色がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1510文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン