/

この記事は会員限定です

高田明(22)両親

家族思いの父・商家の母 平戸に「高田写真館」構える

[有料会員限定]

ここで私の幼少期から平戸へ戻るまでの道のりを記そう。まずは両親のこと。

父政雄は1923(大正12)年生まれ。復員して故郷の平戸で魚の検査員として働いていた。1歳下の母和(かず)の実家は海運業や蒲鉾(かまぼこ)の製造販売を営む「白石屋」という平戸有数の素封家だった。そこに出入りしていた父は母と知り合い、縁あって結ばれた。

平戸商店街がある宮の町に新居を構え、私を含め三男一女をもうけた。しかし四畳半...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

高田明

通信販売大手ジャパネットたかた創業者である高田明氏。長崎の片田舎の一介のカメラ店主から、わずか10年あまりで日本を代表する通販王国を一代で築き上げた。独特の甲高い声とぬくもりある九州弁でお茶の間の人気者になった高田氏のモットーは「今を生きる」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン