/

この記事は会員限定です

誰もが嘘をついている セス・スティーヴンズ=ダヴィドウィッツ著

「本音」のデータをどう使うか

[有料会員限定]

寓話(ぐうわ)では、王様の秘密を知った床屋は、人知れず深い穴の中に向かって叫んだ。だが現代では、人々はグーグルの検索窓に自分の秘密を入力するのである。

本書は、ビッグデータ分析を専門とする著者が明らかにする、検索語から見えてくる人々の「本音」についての本だ。人種差別意識、マニアックな性癖、虐待などの表に出にくいデータを示しながら著者は、それらについて私たちが、間違った思い込みに囚(とら)われている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り695文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン